ツイッター

HP

onlineshop

SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
<< 家具・木工の学びの話 | main | アルバイトさん、募集してます。 >>
モノを作ることの視点と価値について
 この秋はデザインイベントが続いていることもあって、

世の中の流れを感じるため出来るだけいろいろなところへ脚を運ぶことにしています。

その印象をつらつらと書いてみます。


売り手と買い手を結びつけることを目的としたショーは、品質と信用、パッケージ、

取引条件などビジネスとして継続的な付き合いが出来るかどうかが問われることになる。

最近は良い商品であることは当然で、その背景にあるストーリーやブランド、

そのイメージを伝える為のWEBサイトとパッケージングがとてもレベルが上がっている。

japanbrandなど戦略的なものも。

しかし、WEBもないし、カタログもないけど、とんでもなく存在感を放っている

会社もある。青森県の打ち刃物工房さんが、無造作に台に包丁を並べていたのだけれど

そのワイルドさと構造美に打ち抜かれました。サンプルを購入させてもらおうと

思ったのだけど次の日からフランスの展示会に送るのだとか。

骨太な職人仕事には美しい衣装がなくても強いオーラが漂っていることを感じ。



またそれとはベクトルが違い、クリエイターやアーティストが試作品やプロトタイプを

展示して出資者を募ったり、オーディエンスと意見交換したり、

生産工場とのマッチングを目指しているショーなどもたくさん行われています。

こういったイベントは製品段階にはないモノやアイデアが満ちあふれていて、

すごくわくわくします。学生の研究課題がそのまま出展されていてそれもかなり

レベルが高かったり。

そしてこの手のイベントの作品はコンセプトワークがよく練られていることが多い。

社会的に意義のあるものとビジネスを結びつけるソーシャルビジネスに向かって

行くようなモノつくりなども。

出展者は大体の場合メーカーではなくデザインかプランニングからスタートして

いるのでなぜこのようなモノなのか?という問いかけから始まっていて、

「木で家具を作るという前提」から仕事を始めた自分とは明確に頭脳の使用部分が

違っていて刺激的でとっても面白い!


その他には「使う人が自由に作れる環境をつくる」という流れもあって、これはある種

「中途半端なモノを作るプロ」を淘汰して行く流れでもあるのだけれど、

その反面技術や設備に縛られない本当に面白いアイデアが世界中とつながる

「fablab」というムーブメントに非常に着目しています。

マテリアルに縛られず、作るプロセスをオープンソースにして、工作機械を駆使し

自分たちだけの世界に閉じ込めないという考え方。立体物のインターネット状態です。


世の中の流れは確実に早くなって、世界はどんどんつながっていく。

すぐれた職人技術は行き場を失ってしまうととたんに消えそうになる。

身体感覚とは違う工作機械に出来ることには限界がある気がして、

それらを職人技術とマッチングして価値のあるアイデアと結びつけることで

仕事を創造できるようなイヌイットファニチュアになりたい。

ああ、もっと頭脳明晰になりたい2011の秋。


イヌイット・犬塚






















| - | 12:18 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする