ツイッター

HP

onlineshop

SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
<< 原子力発電と暮らし | main | おなり青空マーケット5/3と5/4! >>
家具をつくるしごとについて
家具屋を生業にするには多くのエネルギーが必要だと、

今回の震災で思い知らされてしまった。

店舗を照らす照明、冷暖房、図面を描くためのPC。

木材を加工するには機械を動かす為の電力が必要だ。

通勤の電車もとまっちゃう。

全て電気がないとどうにもならない。

そして、車と物流はガソリンがなくなるとストップしてしまう。

材料も入ってこず、納品にもいけない。パーツの仕入れもままならない。

震災の影響で建築業界は合板不足、現場はストップすることも。

東北の建材メーカーのダメージが、都会の建築現場に影響を及ぼす。

昔の大工さんは丸ノコもなけりゃ、ドリルもない。それでも家を造ってた。

インドネシアの木工所では未だに足踏み旋盤を使ってたりする話を聞いたことがある。

道具箱にひょいと刃物をしまって何でも作ってた昔の職人さん。

かっこいいな。僕らは便利さで時間を手に入れているけれど、いまやそれがないと

何もできなくなっている。

これからは働き方そのものを、検証していく時代なのかも。

ベーシックに、自分の力で。頼りすぎず。

イヌイット・犬塚




| - | 15:13 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする